TOEIC対策の英語勉強法について

英検と同様に個々の英語スキルを計るためにある検定が「TOEIC」です。リーディングとリスニングがメインでしたが、今ではスピーキングとライティング部門も出て日本人が弱いと言われている「アウトプット」も含めた総合的なスキルが計れる試験になっています。

「TOEIC」には攻略法があるなど様々な本やネットでの情報がありますがハイスコアを取れる「勉強法」とはどんなものか、それは試験の内容を理解することにあります。リスニングであれば最初は写真描写問題、次のパートはショート会話といった具合に後半に向けて文が長くなり内容も難しくなっていきます。

リーディングも同様で初めは簡単な会話問題、次に文法やビジネス文書といった具合です。要するに各パートごとに問題の出し方のルールがある為、そこを徹底的にトレーニングすれば良いわけです。一番良いのは「過去問題」を何度も繰り返し解く事です。本番同様に時間を計りながら解いていくことで各パートにかける時間、問題の傾向、良く出る単語などが数をこなすごとに見えてきます。

また、TOEICはビジネス会話やニュースの記事などが頻出する試験なので、普段からBBCニュースなどを英語で聞くように耳を慣らしておくかNHKの会話番組などを見ておくのも良い勉強法です。初級レベルの人は映画を観て会話の受け答えからメモを取って自分で口に出してみたり、上級者は長文をシャドーウィングというそのまま覚えて書き出したりしてみるのもスコアアップを狙える勉強法です。

TOEICの文法問題攻略が英語力アップのコツです

英語を勉強する上では、文法を正しく習得することが非常に大切です。特に社会人の場合には文法を掘り下げて勉強する機会が少ないため、何らかの方法で知識を身につける必要があります。そういった場合に... 続きを読む

TOEICのテストに合ったテキストとは

日本が推進する英語の力を試すテストとしてTOEICという名称で知られるテストが存在します。このテストですが、試す能力はリスニング、文法、リーディングなどのものでマークシートで回答する形式となり... 続きを読む