TOEICの試験に向けた英語の学習方法

大学院への進学や企業における昇進では、TOEICの試験で一定のスコアを確保することが必須条件になる場合もあります。また、試験では限られた時間で数多くの文章を読んだり問題を解く必要があるので、受験前にじっくりとトレーニングをする必要もあります。

その場合には一人一人の英語力に合わせて、最も効果的な学習プランを考えるのがポイントです。特に初めてTOEICを受験する人や英語が苦手な人の場合には、最初は500点から600点を獲得できるように学習を進めるべきです。

また、リスニングの配点が大きいので、日ごろから英語を聞くトレーニングを積み重ねるのが効果的です。そこでTOEICの受験を決めた場合には、できるだけ早い段階でCD付きの教材を購入して、毎日継続的に特訓をするのが理想的です。専用のCD教材を毎日聞くことで、次第に英語の会話も聞き取れるようになります。そのために初めて受験する場合でも、リスニングで半分以上の点数を確保することは十分に可能です。

一方で2回目以降の受験では、更に点数を高めるための学習プランを考えるべきです。特に前回の試験で正解率が低かった分野を中心に、徹底的にトレーニングを行うのが理想的です。そして高得点を目指す人の場合には、800点以上の点数を目指す人向けのテキストを購入するのがポイントです。高得点者向けの問題集であれば、難易度の高い演習問題を中心にトレーニングすることができるので、効率的に点数アップを実現できます。